audio-technica ATH-AWKT / ATH-AWAS 黒檀やアサダ桜を使ったヘッドホン!ATH-W5000後継機?

オーディオテクニカは、8月9日から11日まで香港・Hong Kong Convention and Exhibition Centreで開催中された「The 2019 Hong Kong High-End Audio Visual Show」に出展。ダイナミック型ヘッドホン2モデル「ATH-AWKT」と「ATH-AWAS」を発表しました。

いずれも木製ハウジングを使用しているのが特徴で、日本国内で生産。丁寧に組み立てを行なった“MADE IN JAPANモデル”としているのも特徴です。

「ATH-AWKT」には黒檀(縞黒檀)、「ATH-AWAS」にはアサダ桜を使用しています。ドライバーはどちらも53mm径でそれぞれに専用設計したもの。

ハウジングの雰囲気はこれまでのオーディオテクニカとは大きく変わりませんが、伝統の3Dウイングサポートではなくなっています。

オーディオテクニカには木製ハウジングの名機・ATH-W5000の後継機や開放型フラグシップのATH-ADX5000の密閉型版が期待されていますが、これらの2モデルがそれに相当するのでしょうか。

まずは国内での発表を待ちたいところです。

続きを読む

Related posts