セブン、7月の全店売上高が9年4カ月ぶりに前年割れ。7payの不正利用問題が逆風

セブン―イレブン・ジャパンは13日、7月のチェーン全店の売上高が前年同月比1.2%減だったと発表した。前年割れは9年4カ月ぶりだという。

7月にスマートフォン決済サービス「セブンペイ」の不正利用が発覚し、同社はこの影響について「計れない」としているが、既存店客数が5.6%減となるなど客足が減った。客単価の増加や新規出店でも補えなかった。

セブンは7月中旬まで関東地方を中心に長雨が続いたことなど天候要因が原因とみる。猛暑だった昨年と比べると、飲料やアイスなどの販売が振るわなかったという。ただ加盟店オーナーからは「ほかのスマホ決済サービスを先行して導入したライバル店に客が流れた」との声が出ている。

7月1日からセブンペイを全店舗で使えるようにした…
続きはソース元で
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48532210T10C19A8MM8000/

続きを読む

Related posts